ブランド服(高級服)クリーニングのおすすめ4選!宅配クリーニングの違いを徹底比較

ブランド服のクリーニング

ブランド服(高級服)を安心して頼める宅配クリーニング

お気に入りのブランド服はいつまでも大切に着たいと願うのが人の心理です。そんな高級服は自宅で洗えないことが多く、クリーニングに出す必要があります。

大切な服は高級クリーニング店にお願いしたいけど近所にない…。そんなとき便利なのが「高級宅配クリーニング」です。洋服だけでなく着物・ドレス・小物類も含めて利用できるおすすめの業者を比較してみました。

ブランド服(高級服)が安心の宅配クリーニングの比較表

ブランド服好きの人から評判のいい宅配クリーニングをピックアップ、クリーニングに欠かせない項目を比較します。

【衣替え】ブランド服(高級服)5点以上のクリーニング

5点の料金 特徴
リナビス 7,800円 保管    〇
染み抜き  〇
毛玉取り  〇
ボタン修理 〇
再仕上げ  〇
リネット 単品料金×5
(初回30%オフ)
保管    〇
染み抜き  〇
毛玉取り  〇
ボタン修理 ×
再仕上げ  〇
ココロモ 14,000円
(新規30%オフ)
保管    〇
染み抜き  〇
毛玉取り  〇
ボタン修理 〇
再仕上げ  〇

一年に2回訪れる衣替えの季節は、クリーニングを利用する機会が増えますよね。「リナビス」と「ココロモ」は5点以上のお得なパックがありダウンやコートも対象です。

来シーズンまで預かってくれる保管サービスはどこも無料でした。染み抜きや毛玉取りも通常プランに組み込まれ、大事なブランド服をキレイに保てます。

\エキスパートがいるクリーニング/

【ココロモ】大人のためのクリーニング

【仕上がり重視】丁寧に仕上げてほしい

1着料金 オプション・特徴
リナビス 同料金 撥水加工  980円
汗抜き加工 500円
カビ抜き加工500円
リネット プレミアムクロック
1着2,400円
手仕上げ・撥水
汗抜き・防虫
花粉ガード 無料
ココロモ 同料金 汗抜き・漂白
風合い仕上げ
花粉と細菌除去
アレルギー対策 無料

リネットの「プレミアムクロック」は仕上がりに大切な工程はすべて含まれるのが特徴。もちろん保管も最大8カ月と衣替えシーズンに最適です。

リナビスは通常価格にプラスしてオプション料金を払うシステムです。逆にココロモは全部のオプションが組み込まれ大きなお得感があります。

超高級ブランド・着物・レザー・バッグ・靴など

1着の料金
リナビス 洋服  〇 15,000円
着物  ×
レザー ×
バッグ 〇 25,000円
靴   〇 17,000円
財布  〇 17,000円
リネット 洋服  〇 4,650円~
着物  〇 3,100円~
レザー 〇 15,000円~
バッグ ×
靴   〇 6,480円~
財布  ×
ココロモ 洋服  〇 7,500円(高級ダウン)
着物  ×
レザー ×
バッグ 〇 25,000円
靴   〇 17,000円
財布  〇 17,000円

リナビスの超高級ブランド向けのサービスは、ルイヴィトンやプラダなどの財布・バッグもOKというもの。

洋服はプラス10,000円で色補修も可能、バッグはプラス5,000円でカラーチェンジにも対応してくれます。

\超ていねい/
皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス
大事な靴が新品みたいに綺麗になった!

【ウエットクリーニング】や【シミ抜き】

ウエットクリーニング シミ抜き
リナビス 1着+500円 無料
リネット 1着+1,000円 無料
ココロモ 無料(汗抜き) 無料

ウェットクリーニングとはドライ+水洗いの2度洗いのこと。

汗や醤油など水溶性の汚れに強く殺菌消臭効果もあります。職人の高い技術が試される工程でもあり、ほとんどの店では追加料金がかかります。

ココロモだけは「汗抜き・W認定」と呼ばれるオプションが無料でついていました。

ブラウス1点が1,500円という高めの設定のため、1着ずつ丁寧に仕上げてくれます。

クリーニングで注意すべきブランド服(高級服)

ハイブランドの洋服は万が一傷つけたときの保証が高額になるため、クリーニング店で断られる場合があります。特に高級ダウンはNGのケースが多いようです。

  • モンクレール
  • カナダグース
  • デュベティカ
  • タトラス
  • ピューテリー
  • トーンアイランド
  • 水沢ダウン

これらのダウンを出すときは、公式サイトや電話などで受け付けが可能か確認しましょう。

さらにクリーニング店が苦手とする洋服はまだあります。

生地を糸で縫いあわせる代わりに合成樹脂で圧着したダウンが人気だ。

すっきりしたシルエットが特徴だが、「圧着部分がはがれる」として、ユニクロなど一部メーカーについて、クリーニング店が受け付けを拒否するケースが相次いでいる。

参考:圧着式ダウンは「時限爆弾」? クリーニング店拒むわけ

経年劣化で樹脂がはがれたのに「洗い方が悪い!」とクレームをつけられる事例が多発、そのため預かりを断る店があるので気を付けましょう。

ブランド服で宅配クリーニングが利用できる地域

通常のプランと同じくブランド服の宅配クリーニングも、住む地域を選ばず利用できます。

しかし首都圏など人口の多い地区と地方ではサービスの種類に違いがありました。

東京都内・関西など首都圏の利用

全国規模の業者のリネットは、東京都内向けの便利なサービスを展開しています。

【リネットのアサイチ便・ヨルイチ便】

下記時間帯での集荷と指定受け取りが可能です。

アサイチ便

  • 利用時間 6-7時/7-8時/8-9時/9-10時
  • 対象エリア 東京19区(千代田区、中央区、港区、新宿区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、板橋区、北区、台東区、墨田区、練馬区、豊島区、文京区、中野区、杉並区)
  • 料金 無料

ヨルイチ便

  • 利用時間 21-22時/22-23時/23-24時
  • 対象エリア 東京23区
  • 料金 無料

【リネットの超速配達サービス】

  • 18時までに預ければ翌日21-24時の受け取りが可能
  • 対象エリア 東京23区
  • 料金 無料

関西ではまだこのようなサービスは始まっていません。

地域密着のクリーニング店の配達か郵送で宅配クリーニングを利用しましょう。

地方都市の利用

東京以外の都市ではヤマト運輸などを経由した通常の利用法になります。

ステップ①集荷依頼

ネット、電話、FAXなどで連絡、集荷キットの到着を待つ

ステップ②:ブランド服を詰める

集荷キットが届いたら洋服を入れて電話で宅配業者に集荷依頼

自分で袋に洋服を詰めて送るケースもあります

ステップ③最短5日で自宅に届く

着物など特殊なものは3週間ほどかかる場合も

ブランド服(高級服)におすすめの宅配クリーニング!

一般的なドライクリーニングは油脂性の汚れしか落とせません。

水洗いでしか落ちない汗や飲み物が残ると黄ばみの原因に。

そこでドライ、水洗いを両方使い分ける技術の高い会社を紹介します。

リナビスでワンランクアップの仕上がりに

ハイブランド品のクリーニングで評判のリナビス、その仕上がりはトップクラスです。こだわりの5つの工程をご覧ください。

① 洗い

最先端の洗浄工房と技術提携、研究を重ねて生まれた最新のクリーニング技術を使用

② 乾燥

素材や種類をしっかりと見極めて、最適の温度・湿度の条件で乾燥

③ 修復・メンテンス

某有名ブランドからの依頼もある、熟練職人の手作業で丁寧に修復

④ マスキング・色補修

色に対する間違いのない技術・目利きを採用、本来の色合いを大事にする

⑤ 仕上げ

洋服が本来持つ素材の味・風合いを大切に仕上げる

捨てるしかないと諦めていたバッグも、新品同様によみがえったという口コミもあります。思い出の詰まった洋服や小物を大事に使いたい人にピッタリですね。

ココロモはリピート注文が多い

モンクレール、タトラス、デュベティカなどの高級輸入ダウンは、ココロモを使う人が多いです。

ココロモが発表しているリピート率は90%とかなり高いもの。料金は1着7,500円で保管・撥水加工が付いています。決して安くはないのになぜ満足度が高いのでしょうか?

  • 状態に合わせて洗浄方法を変える
  • 水鳥の羽の油分を守るため水洗いにこだわる
  • 品物により乾燥温度、時間を管理してボリュームを復活

ブランドの価値に合ったクリーニング法で、他店よりいい仕上がりが人気の秘密でした。ファー付きのダウンはプラス2,000円で注文できます。

リネットで初回から安くまとめて注文

初回特典の値引きは20%オフが主流ですが、リネットなら30%も安くなります。

例えば家族2人の衣替えと仕事着をまとめて利用する場合、料金はこのようになります。

・コート×2 セーター×2 スーツ上下各×2 ダウン×1 ワイシャツ×5
=合計14着で12,800円

リネットの初回30%引きを適用すると

12,800円 → 8,960円 (3,840円もお得!)

さらにアンケートに答えると2回目の注文も30%オフになるクーポンがもらえます。月390円のプレミアム会員に加入しても十分もとが取れますね。

キレイナはハイブランド服が大好評!

シャネルやエルメスをはじめ一着数万円はするハイブランド服。

キレイナなら変色がひどい服でも黄ばみ、色抜けを修復して新品に近づけます。他の店では断られるこんな服も喜んで受け取ってくれます。

  • インポートブランドの服
  • 個性的でデザイン性が高い服
  • 一部にレザー、リアルファーがついている服
  • ストーン、スパンコールの飾りが多い服
  • オーダメイド、ハンドメイドの服
  • 取り扱い表示が無い、取り扱い表示が全て×

ハイブランドはデザイン性を重視するため洗濯を想定してつくられていません。

そんな洋服でもキレイナはしっかりとクリーニングしてくれます。

\大事な服だからこそココに出したい/

結果にこだわる高品質宅配クリーニング&メンテナンス【キレイナ】

ブランド服(高級服)の対応できるクリーニング会社は他にもある!

ほかのブランド対応の宅配クリーニングもいくつか紹介します。

白洋舎

全国に店舗がある老舗クリーニングの白洋舎も高級ブランド品OKです。

料金は通常の2倍程度でセーター1,250円、コート4,000円と他と比較しても良心的ですね。

  • 高級ブランド品のシンボルのロゴ・マーク・タグを大切に
  • 素材やファッションに合わせた洗浄方法を使用
  • 毛羽立ちや毛並みの風合いを保つ
  • デザインに合わせ細部まで立体的に手仕上げ

プラスキューブ

「キューブプレミアム」のプランは、アパレル会社が使用するプレス機での立体成型仕上げが特徴です。

1枚ずつ丁寧に洗うのでブランド品や思い入れのある洋服にどうぞ。料金は5点パック25,000円、10点パックで24,000円です。

  • 高品質のバイオ洗剤使用
  • お客様谷の個別洗い
  • 抗菌・消臭・静電気防止加工
  • アイロン手仕上げ
  • 高級ハンガー・不織布包装

ハッピークリーニング(BEAMS)

数々の洗浄技術を開発し全国に50もの取次ぎ店を増やしたハッピークリーニング。

現在はクリーニングの限界を超えた「ケアメンテ®」という衣類再生技術でアパレルブランドのBEAMSと提携しています。

ダウンコート9,000円、ワンピース5,000円と少々お値段が張りますがオシャレ好きの支持が強いです。

  • 水油系アクアドライで形を崩さず汗や黄ばみの原因を除去
  • 再生技術のリプロンでシミや汚れを落とす
  • レザー撥水加工バリューONで雨の日でも革製品を楽しめる
  • レザーGRAIN再現加工で剥げたレザーもよみがえる

ブランド服(高級服)をクリーニングに出す注意ポイント

基本的なポイントは他の人の洋服と一緒にしない(個別洗い)、扱いの丁寧さ、トラブルの際の保証がしっかりしているかなどがあります。他の注意点も見ていきましょう。

ダウンジャケットのクリーニング

冬は高級ダウンを着るという人も多いですよね。そこで保温性やデザイン性を損なわないポイントを紹介します。

・ドライクリーニングに注意
ダウンに使用される羽毛の油分まで落とす可能性があります。職人による水洗いがなされるか確認しましょう。

・機械洗いに注意
ほつれや破れのリスクが高くなります。袖、襟の皮脂汚れなどは丁寧に手洗いしているお店がベストです。

・ダンブリング乾燥に注意
ダウンをたたく機械乾燥機は中の羽が折れたり表地も傷みます。時間をかけた自然乾燥をしているお店を選びましょう。

ウールのクリーニング

とくにスーツや学生服などの織が細かいウール製品は注意してください。全国クリーニング生活衛生同業組合連合会に「ウール製品のフェルト化」というトラブルが報告されています。

・フェルト化の原因
一般的に水洗いで生じるとされるがクリーニングの溶剤中の水分が原因のケースもある。いったんフェルト化が起きると以前の風合いは失われ、毛羽立ちや収縮が目立つ。

参考:衣料管理情報(クリーニング注意情報)「ウール製品のフェルト化」

着物のクリーニング

ハレの日に着る機会の多い着物は、クリーニングに出すタイミングが難しいです。一度着ただけで出す、シーズン終わりにまとめて出す人もいます。あまり頻繁にクリーニングすると傷みの原因になるので数回の着用を目安にしましょう。

・ドライクリーニングは油分しか落ちない

ファンデーションや皮脂はドライクリーニングで落ちますが、汗など水溶性の汚れは水洗いでないとキレイになりません。どの方法で洗浄するのか確認が必要です。

・「洗い張り」は訪問着で7万円前後

着物の縫製をいったん解いてから水洗いする洗い張りの方法は、長襦袢でも3万円とかなり高額です。先に紹介したハッピークリーニングの「無重力バランス洗浄技法」なら一枚17,000円とリーズナブルです。